服薬を学んで病気をストップ|病を治して闘病生活を終いにしよう

Contents

高齢者への投薬

カルテを見る

高齢者の方が投薬をおこなう際は投薬ごとに決められた薬の量を小分けし、回数ごとにきちんと投薬を実施できるようにしましょう。また一人暮らしの高齢者の方には投薬支援ロボがとても便利です。

More...

薬の飲みにくさの改善

眼鏡をかけた医師

なかなか薬が飲みにくくて服用できない場合は、薬局などで薬の形状を変更できないか相談をおこないましょう。また市販されているカプセル容器を使うことで、飲みやすいカプセル状の薬を作ることができます。

More...

NEW

ゼリーで簡単に服薬

笑顔の女医

オブラートは昔からよく利用されている薬用アイテムであり、どんな薬でもオブラートで包むことによって簡単に服薬することができます。また最近では薬用ゼリーも登場しており、手軽に服薬できると注目されています。

More...

投薬の大切さ

病気などになった際には薬を使って症状を改善したり治療を測ったりするのが一般的であり、多くの人が薬を使って病気や疾患などの治療や改善を実施しています。病気によっては病院に通院したり入院をすることでより早く治療をおこなうことができますが、仕事やプライベートを休むこと無く治療ができる風邪などの症状の多くは自宅で簡単に治療を実施することができます。きちんとした薬の使い方や利用するタイミングなどを熟知していれば軽度な病気や疾患はあっという間に治療することができますし、薬を決められた期間に定期的に利用すればさらに短い期間で治療や症状の改善を図ることができます。そのためには薬を使う際のルールや決まりを守り、薬の持っている副作用などを引き起こしてしまうことがないように気をつけることが大切です。薬によってそれぞれ持っている副作用や利用法の注意は違ってくるので、まずは利用する薬について詳しく学ぶことを習慣づけましょう。

高齢者の方では投薬などの医療行為を実施している人は多く、定期的に病院に通院したり入院をして治療をおこなっている高齢者の方の数は年々増えてきています。人は年齢を取るごとに段々と代謝や身体の持つ抵抗力が衰えていき、病気や疾患といったさまざまな症状を引き起こしやすくなってしまいます。そのため投薬や通院といったことはとても重要なことであり、快適な生活を続けていくためには通院や投薬といった医療行為は欠かせないことです。また物忘れや認知症によって薬を飲むのを忘れてしまうのを防ぐために、服薬支援ロボットのような装置を使って薬の使用を促進することもできます。いくつになっても快適な生活を長く続けるために、定期的に投薬をおこなって健康を維持できるようにしていきましょう。

RELATED

薬の主な保管方法

医師と看護師

薬を保管する際は薬の品質が変化しないように高温多湿の場所を避け、一定の温度を保てる場所で保管するようにしましょう。また薬を保管する際は子供がご飲などを起こさないように気をつけることも重要です。

More...